ポポロ日記 Part13『3つの竜の玉の秘められた力を解放するとき』

 

【前回のあらすじ】

りゅうのけんをパワーアップさせるため、竜の玉を探しに行きました。

 

1つ目はゴドリフ鉱山に落ちている「すすけたいし」をかけあしの泉で竜の玉に変えてもらい、2つ目はトロッコにいたずらしたウッキィたちを懲らしめて竜の玉を手に入れました。

 

竜の玉は全部で3つあるので、次は3つ目を探しに行きます。

ポポロ日記 Part12『竜の玉を手に入れてパワーアップ』

 

モンスター村の大武闘会

3つ目の竜の玉は、まだ行ったことのない町で手に入れることが出来ます。

そこへ行くには、カナリシアの町から下の方に進んでいきます。

 

少し歩いてたどり着いたのは「モンスター村」

モンスター村への出入り口は2つあり、もう一つの入り口の方に竜の柱が立っています。

竜の柱がある方の入り口は新ガミガミ魔王城に繋がっているため、どちらからでも来ることが出来ます。

 

モンスター村と言うように、住んでいるのは人ではなく全員がモンスター

ただ、平和なモンスターなので普通に話すこともできますし、お店も宿屋も全てモンスターがやっています。

ドローンダッシュバードメイジボーンデッドマーマンなどいろんなモンスターが住んでいます

 

カナリシアの魔法使いに頭を良くしてもらい、魔法使いの家に住めないぐらい数が増えてしまったので自分たちの村をつくったということでした。

そういえば、カナリシアでモンスターにお世話をしてもらっているおじいさんがいましたね。

カナリシアに比べれば、モンスター村の方がよっぽどマシな町です。

 

そして、モンスター村の名物は「大武闘会」

定期的に行われているようですが、今回の優勝賞品は凄いお宝らしいのでぜひ参加したいです。

 

大会の本部となる建物の前にいるメイジに話しかけると、ピエトロの参加を受け付けてくれます。

ピエトロはモンスターではありませんが、まあいいでしょう。

参加を受け付けてもらったら、村の真ん中の橋に行き大武闘会が始まります。

 

細い橋の上で「1対1」の3連戦

大武闘会は勝ち抜き戦で行われ、1対1の戦いでピエトロが3連勝すれば優勝となるルールです。

負けてしまっても、何回でも1回戦から再びやり直すことが出来るため、気軽に挑んで大丈夫です。

 

武闘会のフィールドは幅が狭い橋の上のため、距離を取って戦うことは出来ません。

必然的に接近戦となります。

 

第一回戦のモンスターは「ワニバトラー」

カナリシア手前の大湿原に出てくる石を持った攻撃力の高い敵です。

ただ、あまり移動できないタイプの敵なので、少し離れてセイントアークで倒しました。

 

第二回戦のモンスターは「ニードラー」

ハリネズミのようなモンスターで、物理攻撃をすると跳ね返されてしまう可能性があるため注意です。

後ろに下がって離れるとダッシュ攻撃で大ダメージを食らうことがあるので、近づいて魔法や必殺技で戦う方が安全です。

今回もセイントアークで倒しました。

 

第三回戦のモンスターは「ゴーレム」

今までの敵よりも圧倒的に攻撃力が強く、レベルを上げていても2発殴られたら負けてしまうレベルです。

そのため攻撃をされたら確実に回復し、相手の攻撃のミスを待ちます。

 

セイントアークを使ってマヒも狙いながら、とにかく魔法で攻撃していきました。

ゴーレムのHPは999とタフさも兼ね備えていましたが、5発セイントアークを決めて優勝しました。

 

優勝したら、受付をしてくれたメイジが前に立っている建物で優勝賞品を受け取りましょう。

中にいるミミックが竜の玉を渡してくれます。

竜の玉を手に入れると「りゅうのけん」はさらに輝きを増し、攻撃力が5上がって聖なる力のダメージが加わります。

 

聖なる力のダメージは通常攻撃をしたときに効果があり、2回攻撃のようにダメージを与えます。

ただ、2回目の攻撃はあくまでも聖属性の追加攻撃となるため、そこまで大きなダメージは与えません。

ミスになることも多くあります。

しかし、聖属性に弱いモンスターに対しては効果的です。

 

ただ、竜の玉を手に入れたことによる効果はこれで終わりではありません。

さらなる強化を求め、一度ポポロクロイス城下町へと戻ります。

 

ドラゴンセイバー習得の緩い儀式

ポポロクロイス城下町を出て左下の方に進むと

北「ポポロクロイス城下町」

南「南の浜辺」

という看板があるので、南の浜辺へと向かいます。

 

先に進んでいくと「ミサキ一家」という1軒の家があり、動物がたくさんいるので自給自足の生活をしているのでしょう。

奥の部屋にはベッドが並んでいて、無料で泊まることが出来ます。

 

今回ここに来た目的は、ミサキ一家のおじいさんです。

家の中にいるおじいさんに3つ揃った竜の玉をみせると、竜の玉の秘められた力を解放する儀式をしてくれるようです。

儀式は夜中まで待たないといけないようなので、無料で泊まらせていただきます。

 

真夜中になるとピエトロだけが起こされ、居間へ行くとミサキ一家の人が集まっていて儀式が始まります。

おじいさんには「ミサキ老人」という名前が付き、少しオシャレな衣装を着ています。

「竜の玉、復活の儀式」が今始まります。

 

まずは王子の身を清めるために「聖なる星の粉」が必要になります。

ですが、そんな特別なものは用意できず登場したのは「パン粉」

ピエトロはパン粉を振りかけられました。

 

次は竜の玉を乗せるための「聖なる水晶の皿」が必要になりますが、もちろんここにはありません。

仕方がないので「ネコがミルクを飲むお皿」で妥協します。

 

最後に竜の玉の力を解放するための、大地の精霊への「いけにえ」が必要になります。

しかし、いけにえなんてそんな残酷なことは出来ません。

 

悩んでいると、小さい女の子が「ジャガイモ・キュウリ・トマト」を持ってきていけにえが用意されました。

それぞれの野菜が持つ大地の力をお借りして、儀式は緩く進んでいきます。

 

準備が整ったところでミサキ老人が牧草を集めるためのフォークを掲げると、竜の玉がピエトロの頭上を回り始めて竜の玉の秘められた力が解放されました。

ピエトロが必殺技「ドラゴンセイバー」を習得し、儀式は終了です。

 

ドラゴンセイバーは隣接した敵を一撃必殺で仕留めることが出来る最強の必殺技ですが、パーティー全員の気力がマックスになった状態でしか使うことが出来ません。

それに、与えるダメージは敵の残りHPの分だけなのであまり感動もありません。

 

HPが50しかない敵であれば、ドラゴンセイバーでは50しかダメージを与えられないためインパクトにも欠けます。

通常攻撃をした方が大ダメージになりますからね。

 

もちろん、ボスなどに一撃必殺は効かないためそこまでの使い道はありません。

ただ、ドラゴンセイバー習得の儀式は必見なので絶対に習得するべきです

 

サブイベントが終わりブリオニアへ

竜の玉を3つ集めて「りゅうのけん」の攻撃力を上げ、ドラゴンセイバーを習得するサブイベントはこれで終了です。

 

1つ目はゴドリフ鉱山の最深部にある「すすけたいし」をかけあしの泉で竜の玉に変えてもらう。

2つ目はゴドリフからパーセラへとトロッコで向かうときにトロッコが脱線し、いたずらをするサルの親玉「ウッキィキング」を倒して竜の玉を手に入れる

3つ目は「モンスター村の大武闘会」で3連勝をして、優勝賞品の竜の玉を獲得する

 

竜の玉が3つ集まったらポポロクロイス城下町の近くからミサキ一家に向かい「ドラゴンセイバー習得の儀式」を行う。

これが、竜の玉のサブイベントの大まかな流れとなります。

 

竜の玉を集めるための寄り道は終わったので、ようやくブリオニアへ向かいます。

パーセラのポストフ造船ドックにあるフライヤーヨットに乗って新しい場所へと進んでいきます。

 

そして残念ながら、海へと出ることのできない森の魔女ナルシアとはお別れです。

白騎士との2人旅が始まります。

 

Part14へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。