栄冠ナイン日記 3年目・春~夏『キャッチャーAの新入生』パワプロ2020

【2年目・秋~春の主な出来事】

2年目は夏の大会と秋の大会あわせて3勝のみでしたが、2人の選手がプロ入りを決めました。

 

スカウトでは思うようにいかず不安が残りますが、勝負の3年目に入っていきます。

栄冠ナイン日記 2年目・秋~春『初のドラフト指名を受ける』パワプロ2020

 

キャッチャーAを持つ新入生の入部

今回も学校の評判は「そこそこ」だったため、新入生は7人のみ。

3年生が引退した後の秋から人数が減って試合が厳しくなるため、評判を「中堅校」に上げておきたいところです。

 

そして、スカウトの反応はまあまあ、将来の4番候補にしたい北岡

スカウトの反応は良くなかった、全国大会優勝投手梶谷

その2人に対して中途半端にしか声をかけられなかった2年目のスカウトですが、3回声をかけに行った北岡は入部してくれました。

 

北岡はスカウトの時の評判通り確かに打撃の能力は高いですが、チャンスにも対左にも少し弱めです。

チャンスがD以上になるまでは、とりあえず2,3番を打たせたいと思っています。

さらにミート・パワーを上げていきます。

 

草野はなかなか能力の高い好投手

球速も135キロあり、コントロールもスタミナもすぐにEに上がる高い基礎能力です。

ノビC逃げ球もあり、エース候補となるピッチャーです。

 

しかし、3年目の新入生の中で一番の当たりは捕手の平塚

思いがけないタイミングでキャッチャーAを持つ選手が現れました。

今年は勝負の3年目ですし、ここからの3年間で強いチームになれるはずです。

 

山下ムード×を持ち、特殊能力も散々な外野手

秋には必ずベンチ入りしなければいけないため、ムード×を早めに消しておきたいです。

走力は低いですが守備力はそこそこで送球Cもあるため、内外野守れるユーティリティー選手でも作ります。

 

羽生は打撃型の外野手

守備の能力の低さは気になりますが、1年目の夏は代打として活躍が期待されます。

 

あとは、

制球力がやや高いがこれといった取り柄のない右腕投手安藤

守備が多少上手いぐらいで即戦力とは言えない外野手野瀬

 

3年目の新入生も楽しみなメンバーが揃いました。

キャッチャーAを持つ選手が入部したため、今年からは夏の甲子園・春の甲子園出場も目指して頑張ります!

 

総合戦力Cの格上チームとの練習試合

今回も、夏の大会の前に1試合だけ練習試合を行いました。

相手は中堅の北見中央高校です。

 

先発は2年生の夏目

練習試合なので、スタメンは全員1,2年生にしました。

相手は総合戦力Cの格上の高校

野手の能力がかなり高いです。

 

夏目は初回からヒットを4本打たれ2失点

しかし、裏に樋川がソロホームランで点を返し、5回には相手のタイムリーエラーで同点に追いつきました。

 

しかし、先発の夏目は6回までに5失点

終盤に追い上げを見せるも、反撃は間に合わず試合終了

夏目が強力打線に打ち込まれ、1年生の草野もホームランを打たれて失点しました。

2年生の種村も登板するたびに被弾しています。

 

せっかくキャッチャーAの捕手を起用したのに打たれ過ぎですね。

 

3年生はそれぞれ防御率2点台と落ち着いていますが、2年生の防御率は4点台10点台

特に種村は、能力はそんなに悪くないのに打たれ続けるため、あまり投げさせたくありません。

 

3年目の夏の大会「総合戦力Aの壁」

今年は能力の高い2年生中心の編成で夏の大会に挑んでいきます。

 

初戦は斜里高校

先発は調子が絶好調の2年生夏目です。

 

総合戦力はDですが、投手の能力はかなり低くなっています。

その分野手の能力が高いため、打ち勝つ野球で挑みます。

 

序盤からウィークポイントの投手を打ち込んでリードを作り、

夏目が3ランホームランを打たれるも、それ以外は危なげなく勝利しました。

投手は育成のため、全員出場させての継投を行いました。

 

スカウト組の2年生たち(米野野元)は良くやってくれていますし、期待の1年生北岡は猛打賞の活躍でした。

 

この勝利で評判が中堅校に上がったため、来年は新入生が8人も入ってきます。

中堅校より下の評判に落とさないように進めて行きたいです。

 

2回戦目は夏前の練習試合で敗北したばかりの北見中央高校

その時に夏目は打たれているため、今回はエースの高代を先発させました。

 

練習試合で見た通り総合戦力はC

打線が強力なため、打ち勝つしかありません。

 

初回に1点を先制するも、追加点を奪えず8回に逆転2ランで勝ち越しされてしまいますが、すぐさま同点に追いつきます。

9回は夏目が1イニングを無失点で抑え、同点で9回裏へ

 

1アウト2,3塁のサヨナラのチャンスで、打席には全打席出塁の北岡

しっかりと指示通りの犠牲フライを打ってサヨナラ勝ちを決めました。

 

投手陣と打線がかみ合い、練習試合のリベンジを果たしました。

3年生エース高代・2年生夏目の好投が続きます。

 

3回戦・準々決勝の相手は釧路高校

前年度は道大会を優勝して、夏の甲子園に出場している優勝候補と当たりました。

 

調子の良い投手がいないため、3年の宮國を先発させます。

総合戦力はC

投手の能力が低いですが、野手は攻守に長けています。

 

初回から先制し、試合の主導権を握ります。

しかし、先発の宮國がピンチを迎え、左のワンポイントとして登板させた夏目が逆転3ランを打たれて劣勢に

 

7回には魔物お祭り男の力で同点に追いつき、北岡の満塁ホームランで突き放し、そのまま魔物の力を借りながら7点差をつけサヨナラコールドで勝利を挙げました。

 

満塁ホームランを放った北岡3試合連続猛打賞が続きます。

1年生の時からこんなに打てるとは思っていませんでした。

 

そして、次の試合は初めて進んだ準決勝

ここまで来たら負けたくないので、先発はエースの高代に任せます。

 

しかし、相手の総合戦力はA

投手も野手も強く、キャッチャーAの効果があっても厳しい戦いが予想されます。

 

初回に1点を先制するも、5回に逆転を許して相手のペースに

最後は満塁ホームランでサヨナラ負けとなってしまいました。

 

投手も野手も歯が立たず、投手を変えても打たれ続けました。

投手陣はもうボロボロです。

 

準決勝の試合結果はスクラップブックにも大きく乗っていました。

ベスト4まで進みましたが、まだまだ強いチームではありません。

中堅校・総合戦力Dのチームです。

 

3年生が引退した新体制は人数が減り、まだムード×を持った1年生がいます。

秋の大会までに必ず消しておかなければいけません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。