ポポローグ日記 Part5『どこか憎めない悪の天才ガミガミ魔王』

 

【前回のあらすじ】

傭兵所でダイソンメルを雇い、お父さんを捜すために西の山脈へ

 

西の山脈の先にはあったのは「新ガミガミ魔王城」

弓使いのロビン、お城の兵士さん、ガミガミ魔王と出会いました。

ポポローグ日記 Part4『西の山脈の先にあったのは第三の魔王城』

 

親切なガミガミダンジョン

今回は、お父さんを捜すための秘密兵器があるというガミガミダンジョンから始まります。

 

まず待ち受けるのは、大量のロボニンジャ

素早いので毎回先制攻撃を許してしまい、地道にダメージを受け続けます。

 

地下1階には、

「赤い床に注意してくだハい。ビリっときて、とっても痛いデフ。」

という看板があり、床の一部が赤くなっています。

 

その赤い床を通過してみたら全員のHPが5~7ぐらい減りました。

最大HPが少ないからかもしれませんが、HPの1割ぐらいダメージを受けるみたいです。

 

そして、ピエトロはレベル8でファイヤーウォールを覚えました。

そこまで攻撃力は高くありませんが、消費MP5で全体攻撃ができる炎の魔法です。

魔法レベルを上げるためにも、頻繁に使っています。

 

レベル9になると、メルがずっと使っているセイントショックキュアウォーターを覚えました。

今作もピエトロは何でもできる万能タイプですね。

 

ガミガミダンジョンの中で厄介な敵はさいみんガスを使う「ミミック」

攻撃力は高くありませんが、HPの多いタフな敵です。

魔法の効かない「スチームパワー」も出てきました。

 

地下2階の竜の玉を解放して進むところには、

「科学の力が編み出した復活の秘薬、ガミガミドリングG、左上にありまフ。」

という看板があったので左上の道を進んでいくと、そこはガミガミドリンクGの入った宝箱があるだけのスペースでした。

 

地下3階に降りたところには、HPとMPを回復できる青い球がありました。

ちょうどMPが切れそうなタイミングだったので嬉しいです。

その辺りで「まどうしのつえ」を拾い、装備したメルの魔力が上がりました。

 

「右下の通路の先は宝物ルームでフ。秘密兵器は2階下にあるでフ…」

という看板の先には、武器とか防具とか、ありがたいみずとかが手に入ります。

看板を書いてくれるとても親切なロボットのおかげで、迷うことなく進めます。

 

地下4階には竜の玉があり、下へ行く階段が2つありました。

竜の玉を使って、それぞれの階段を降りて行きます。

 

片方の階段の下には再び回復できる青い球が置いてあり、

「秘密兵器はこっちじゃないよ~ん!

でも、かわりにいいものをやろう!

…ガミガミ魔王より…」

という看板と、ガミガミドリンクGの入った宝箱がありました。

ありがたいですね。

 

もう1つの階段から下へ進むと、封印された扉竜の玉

そして、

「妖しい色の扉を開けてくだハい!

魔王様の秘密兵器はもうすぐでフ!」

の看板

 

その先には、強敵の「シルバーゴーレム」がいます。

ガミガミダンジョンのボスみたいな感じです。

 

ふりあげる攻撃が怖いですが、魔法が効かないため接近戦を行うしかありません。

ただ、めちゃくちゃ攻撃力が高いわけでもないですし、敵は1体だけなので早めに回復しておけばやられることはありません。

HPは多くかなりタフですが、ずっと殴っていればそのうち倒れます。

 

シルバーゴーレムを倒した先は、秘密兵器のある格納庫へと繋がる出口です。

 

秘密兵器を求めてたどり着いた格納庫

広かった夢幻フィールドと比べると、かなりコンパクトな格納庫です。

 

ガミガミロボが置いてある手前のスイッチを押すように言われるので指示に従うと、ガミガミロボがビックリ箱のようになっていて、驚いたピエトロは尻もちをついてしまいました。

 

するとモニターにガミガミ魔王が現れ、背景はいつもの四畳半の和室

「ご苦労だったな。ポポロクロイスのバカ王子。

うまくダマされてくれて、俺様はひっじょーにウレシイ。

はじめから秘密兵器などな~い!」

 

「心配するな。お前の父ちゃんは、この俺様が見つけてきてやる。

たっだ~し! 頭のお宝…

知恵の王冠は俺様がいただくからな。」

 

ピエトロがモニターに向かって、

「ガミガミさん!これじゃ、これじゃ…

まるで、悪者みたいだ。」

と話しかけ、相変わらずお人よしな性格です。

 

すると、モニターの中はガミガミ魔王の目のアップになり

「アッ、お前、いま悪いヤツだと思ったろう。

まったく調子狂うヤツだなぁ。」

 

「俺様は悪の天才、ガミガミ魔王様だぞ!

まあいい。いまさら、後悔してもムダ、ムダ、ムーーーーーダだ!

知恵の王冠は、俺様の頭上で輝くからこそ美しいのであ~る!

じゃ、あばよ。」

 

ガミガミ魔王はそう言い残して一度映像が切れてしますが、最後に

「そうそう、この映像は録画であるからして、俺様はひと足先に旅立っている。

よって、お前がこの俺様に追いつこうなんて、思うのは…

10000000000年はやーい!」

 

お決まりのセリフを言って映像は終わってしまいました。

 

その後、格納庫の中に宝箱が2つ出てきます。

HPを回復するげんきのあめと、おみやげの「ガミガミロボ」

嬉しいプレゼントでした。

 

《ピエトロ日記・4日目》

…ガミガミさんにだまされた。

お父さんを捜してくれるようだけど、道をふさいでいる大岩はどうするのかな?

 

格納庫のロボットに話しかけると、ガミガミ魔王からの伝言の続きがありました。

「俺様は西の山脈を抜けてから、大岩をふっとばしてその先へ行く。

いいな! ついてくるなよ!」

 

ロボットは、

「魔王サマはついてきてほしいんだと思いまフ

お忙しいとは思いまフが、追いかけてあげてくだハい。」

と言っていたので、ガミガミを追いかけに行くしかありません。

 

一度、ポポロクロイス城の方まで戻ります。

 

ポポロクロイスまでの帰り道

ガミガミダンジョンの格納庫からの帰り道は、

入り口の近くに繋がるワープ新ガミガミ魔王城までの近道があります。

 

どうせならと思い両方通ってみましたが、ワープのルートにはスタンプ台だけ

近道の方には、「ロボット同伴者以外侵入を禁じまフ」と書かれた扉や「災いの根源を突き止めし者を待つ」というような封印された扉ばかりで、今のタイミングではただただ地上まで階段を上ってガミガミダンジョンを出るだけです。

 

西の山脈に入ると、

「凶悪モンスターによる遭難多発!

自信なき者、立ち入るべからず!」

という看板と、地下へ続く階段がありました。

 

その階段を降りた先にも注意喚起の看板があるため、ここは後回しにしておきます。

 

そして、ポポロクロイス城への近道の地下通路も出来ているのでそちらを利用してお城へ

出てくる敵は弱く、すぐにポポロクロイスへの出口にたどり着きました。

 

新たな傭兵「弓使いのロビン」

ポポロクロイス城下町のところへ戻ると、大きな岩で塞がれていた橋が通れるようにようになっていました。

親切なガミガミ魔王のおかげですね。

 

そして、これまで何も書かれていなかった旅人たちの伝言板に書き込みがありました。

西の山脈について新しい書き込みがたくさんありますが、今は特に寄り道はしないで先に進んでいきます。

 

ポポロクロイス城のピエトロの部屋まで戻ると、格納庫で頂いたお土産のガミガミロボを飾ることが出来ます。

前作で購入したガミガミくんと連動して動いてくれます。

 

そして、傭兵所のメンバーにロビンが加わっているため、パーティーに加えます。

傭兵は2人までしか連れて歩けないため、ダイソンメルのどちらかを解雇しなければいけません。

またすぐに出番がやってくると思うので、今回はメルを外します。

 

新しくパーティーに加わったロビンは素早さが高く、攻撃力も防御力も高めです。

MPが少なく魔法はあまり得意ではないようですが、ヒールウォーターを覚えているので最低限の回復はやってくれるみたいです。

 

次はお父さんを捜しに、大岩がなくなった橋を渡って新たな場所へと進んでいきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。