栄冠ナイン日記 9年目・春~夏『勝てなさ過ぎて萎えました』パワプロ2020

【8年目・秋~春の主な出来事】

夏の大会では道大会決勝まで進むも、秋の大会では地区大会1回戦でのコールド負け

 

目標としていた強豪校復活は叶いませんでした。

栄冠ナイン日記 8年目・秋~春『待ちに待ったミゾット社員』パワプロ2020

 

攻守に秀でた新入生スカウトのメンバー

8年目となる今年は、前年度の最高評価が「中堅」だったため、8人の新入部員が入ってきました。

昨年度のスカウトでは6人に声をかけ、その6人全員に良好の反応を貰っているので高い能力に期待しています。

 

それでは、今年の新入部員を紹介していきます

 

二塁手の外川は基礎能力が全体的に高く、威圧感も持つ優秀な選手です。

夏まではずっと守備力を育てて、夏からはスタメンで試合に出しながら育てていきたいと思います。

 

三塁手の杉野は評判通り打力が高く、ミートもパワーも十分です。

チャンスC・対左投手Cというのも嬉しいですね。

4番候補として、さらに打力を育てていきます。

 

外野手の浅野打力・走力がほぼDというほど能力が高く、守備能力も悪くありません。

特殊能力も良い感じなので、夏の大会からスタメンに入れて育てていこうと思います。

 

長内は同じ外野手の浅野に比べると少し能力が劣りますが、代走としても期待できそうですし、バッティングも悪くなさそうです。

守備能力を上げるのに少し時間はかかりそうですが、1年目の夏から出番はありそうです。

 

高橋は球速が139キロとかなり期待できますし、「低め〇」「緩急〇」「内角攻め」と特殊能力も最高です。

まずは中継ぎ起用からですが、ゆくゆくはエース投手に育てたいと思っています。

 

好リードが光る横手キャッチャーAを持っていました。

守備能力もそこまで悪くないので、3年生の飯島が引退したタイミングから正捕手として起用します。

 

その他にも、

  • 悪くない特殊能力のサウスポー池内
  • パワー・捕球が良い一塁手道下

が入部しました。

 

おそらく、この8年間で一番良いスカウトだったと思います。

総合的なチーム力も徐々に上がっているので、今年こそは夏の甲子園に出場したいです!

 

心が折れかけた9度目の夏の大会

今年は総合戦力Cで迎えた夏

 

初戦は3年生エースのを先発させました。

相手は格下、総合戦力Eの斜里高校です。

 

1年生外川のタイムリーヒットで先制し、2年生の谷口が2本のホームランを放って快勝しました。

 

投手を出来るだけ投げさせたいのでコールド勝ちをするつもりはありませんでしたが、転がせの指示を出したらソロホームランが飛び出してサヨナラ勝利となりました。

 

2試合目は、相手の打線に左打者が多く並んでいたため、2年生のサウスポー三ツ俣に先発を任せました。

この試合も、相手は格下となる総合戦力Dの根室農業です。

 

しかし、先発の三ツ俣は期待を裏切る6回6失点の大乱調でビハインドの試合展開となります。

 

格下相手に打線はなかなか繋がらず、2点ビハインドで迎えた9回裏には1点を返したものの、追いつくことは出来ませんでした。

相性の悪い夏の道大会で、今年も格下相手に打ち負けての2回戦敗退となってしまいました。

 

能力は悪くないのに、2本のホームランを打たれた2年生の三ツ俣が全てです。

この敗戦で、学校の評判は「そこそこ」に落ちてしまいました。

 

2年生の投手を先発で使った起用が間違っていたとは思っていません。

 

投手を育てても、頼りにしている投手が大量失点をして終わってしまいます。

野手を育てても、打高投低のはずなのに全然打てない試合が多くあります。

機動力を育てても、盗塁の能力がB以上じゃないと肩の弱い捕手に簡単に盗塁阻止されてしまいます

 

今年の夏は戦力が揃っていただけに、めっちゃ萎えました

もう栄冠ナインを辞めようかとも思いましたが、まだ夏の甲子園には出場できていませんし、まだ9年目しかやっていないので続けます。

 

来年も夏の甲子園に出場できないと、10年連続で道大会止まりの記録が出来てしまいます。

来年の夏を、勝負の年にします。

 

最近の試合結果を見ると、昨年度の夏の道大会から今年の夏の道大会までが1つの画面に収まっているぐらい勝てていませんでした。

 

能力も経験も足りない新体制のオーダー

今年は夏の道大会2回戦目で負けてしまったため、最後に秋の大会を戦う新体制のスタメンを紹介します。

能力は秋の大会直前時点のものです。

 

先に書いておきますが、1,2年生は試合数を全然こなせていません

2年生でも最大で9試合しか戦えていないため、能力も経験もあまり上がっていません。

 

1番 ショート 井村(2年生)

夏まではセンターとして起用していましたが、後釜のショートの育成が間に合わずにコンバートしました。

守備力は物足りませんが、持ち味の俊足送球Cでどうにかカバーしていただきたいです。

 

そして、これまでの盗塁数はたったの1

夏はこの能力で盗塁失敗を繰り返したため、余裕がない場面では走らせない方針でいきます。

 

2番 ライト 浅野(1年生)

これまでの出場は夏の1試合しかありません。

しかし、その1試合で5打数3安打と結果を残したので期待しています。

 

3番 レフト 長内(1年生)

夏は代打出場で1打席だけしか起用できませんでした。

その後、特訓でチャンスAに成長したため得点圏での勝負強さに期待です。

 

4番 センター 谷口(2年生)

公式戦8試合出場で打率4割越え、ホームラン3本と打撃好調が続いています。

1年生の秋から中軸を担っているため、これからも良い場面で打ってくれると思います。

 

5番 ファースト 杉野(1年生)

2試合に出場し、5打数2安打で打率4割となっています。

内野守備は不安ですが、バッティングでは結果を残してほしいです。

 

6番 セカンド 外川(1年生)

守備力が上がって、セカンドとしての能力の見栄えが良くなりました。

バッティングも悪くなさそうなので、走攻守全ての面で期待しています

 

7番 サード 松浦(2年生)

ずっと控えに置いていた松浦は、2年生とは思えない能力の物足りなさです。

そこまで期待はしていませんが、試合に出すからには結果を残していただきたいです。

 

8番 キャッチャー 横手(1年生)

打撃には一切期待していません。

守備能力もまだまだですが、唯一の持ち味キャッチャーAを活かして頑張ってほしいと思います。

 

9番 ピッチャー 三ツ俣(2年生)

夏の大会では炎上しましたが、今いる中では一番能力の高い投手です。

コントロールも変化球もまだまだですが、何とか秋の道大会・地区大会はエースとして持ちこたえていただきたいです。

 

ピッチャー 小糸(2年生)

ようやくコントロールがFになったばかりですが、一応150キロは投げれます。

先発登板はまだ1度もありませんが、リリーフとしては7登板無失点なので期待しています。

 

ピッチャー 高橋(1年生)

新たに奪三振・威圧感の特殊能力を増やし、フォークを覚えさせました。

まだスタミナは少ないため、秋は中継ぎエースとして起用していきます。

 

評価が「そこそこ」に落ちたため、秋の道大会・地区大会で評価を上げないと今年も苦しいスカウトになってしまいます。

何としてでも、秋の大会で中堅校に復帰したいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。