ポポローグ日記 Part13『鍛冶屋イベントはピエトロのおつかい』

 

【前回のあらすじ】

イベントの多いガバスの町のグルメパレスで料理をいただき、地下で走らされていたルースを救出しました。

 

最後にムサシユキと出会い、ガバスでは一通りイベントをこなしました。

ポポローグ日記 Part12『最上階と地下をめぐるガバスタワー後編』

 

トンクウの鍛冶屋イベント

前回はガバスを回り切ったところまで進めました。

その中で1つだけ途中のままになっているイベントを今回は進めていきます。

 

ピチちゃんを渡したハンスさんの様子を確認するため、トンクウの鍛冶屋へと向かいました。

 

レベル上げも兼ね、ロビンレパルドを雇って大氷穴に新しくできた大十字路への近道を利用して戻ります。

その先のあやかしの洞窟も抜けてガバスからトンクウまで戻ってきました。

 

鍛冶屋の奥に入っていくと、ハンスさんの親方であるスミスさんが待っていました。

スミス

「いつぞやのお客さん!

いやあ!もう!ありがたいことで!

ハンスがね、帰ってきましたよ!

なんでも道に迷ってガバスとかいう町にいたとか!」

 

「これでこの鍛冶屋も安泰です!

さあて、ジャンジャンバリバリ!

鍛冶しますよ~鍛冶鍛冶鍛冶!」

 

「あ、そうだ、忘れてましたね。

ええと、名前、聞いてませんでしたね?」

 

ピエトロ

「ピ、ピエトロです。」

 

スミス

「ピエトロさん。

いい名前だ。

ちょっと待ってください。」

 

スミスさんは鍛冶屋の2階から剣を持って降りてきました。

 

スミス

「ピエトロさん!

お礼と言っちゃあ何なんですが、この剣をさし上げます。」

 

「こいつぁ私がヒマを見て鍛えておいた剣でしてね。

きっとピエトロさんの役に立つと思いますよ。

ぜひ受け取ってください!」

 

ピエトロは「スミスひぞうのつるぎ」を貰いました。

 

スミス

「ほれ、ハンスもご挨拶せんか!」

 

ハンス

「あ!いつぞやの坊主…

いえ、ピエトロさん!

おかげで助かりましたよ!

本当にありがとうございました!」

 

「親方にはこっぴどく怒られましたけどね!

わっはっは!」

 

スミス

「笑ってる場合じゃねえだろう!

バカモン!

もういい、下がって仕事してな!」

スミスさんにお礼としてもらった「スミスひぞうのつるぎ」はかなり攻撃力が高い剣です。

早めにもらっておけばこの後の冒険が楽になることでしょう。

 

そして、スミスさんのお礼はまだありました。

 

長い話が続いてしまうので簡単に説明すると、

ようやくこのトンクウの鍛冶屋で鍛冶をやってもらうことが出来るようになります

 

しかし、鍛冶をしてもらうことのできる武器・防具は決まっていて、

「伝説の…」という名前がついた武器でないと強化してもらうことができません。

 

鍛冶をやってもらうために、まずは伝説という名前のついた武器を探しに行くところからです。

 

《ピエトロ日記・10日目》

鍛冶屋にハンスさんが戻っていた。

お礼にスミス秘蔵の剣をもらった。

伝説の~ という名前の武器や防具ならスミスさんが強くしてくれるみたい。

 

伝説の武器を探すため、まず夢幻フィールドの情報が書いてある伝言板を見に行きます。

 

伝言板を見ると、

  • ポポロ草原に伝説の弓
  • あやかしの洞窟に伝説の剣
  • カラカラ草原に伝説のハンマー
  • ピラミッドに伝説のヤリ

があることが分かりました。

 

どうやらあやかしの洞窟にある伝説の剣は入り口のそばにあるみたいなので見に行ってみると、伝言板の情報どおり入り口の近くに「?けん?」の入った宝箱がありました。

その近くにはまがどりがいたので要注意です。

 

拾ってきた剣を鑑定してもらうと、それが「でんせつのけん+0」でした。

+0の状態の攻撃力は何も装備していない時と同じ低さですが、鍛えてもらえば強くなっていきます。

 

鍛冶屋に持って行くと1000G「でんせつのけん+1」になり、攻撃力は10アップしました。

2回目は2000G・3回目は3000Gと鍛冶の料金が上がっていきますが、レベルが上がるごとに10ずつ攻撃力が上がっていきます。

 

途中、でんせつのけんを鍛えているスミスさんが

「おお! おおおっ! どうしたんだっ!

腕が…腕が勝手に! おおっ~!

鋼もいいが、俺の腕もすばらしい!」

と言うこともあるようで、その時は攻撃力が一気に2段階強化されます。

 

そして今回、5回の鍛冶で出来上がったのは「でんせつのけん+6」

それ以上の鍛冶をするためには、自分で鉱石を持ってきて欲しいと言われます。

 

伝説の武器・防具シリーズは最大+20まで鍛えてもらうことができ、攻撃力200・防御力200まで成長します。

攻撃力200というのは他の武器と比べると圧倒的に攻撃力が高く、言わば最強武器です。

 

鍛冶に必要となる鉱石はダンジョンの宝箱に入っており、もう一度伝言板を見に行くと鉱石が落ちている場所が書き込まれていました。

 

鉱石を集めるときにはガミガミダンジョンが手っ取り早くてオススメです。

入口からそう遠くない場所に2つ鉱石が出現し、ダンジョンを一度出てから入り直すことで何度でも同じ場所で鉱石を手に入れることが出来ます。

 

鉱石は高値で買い取ってもらえるため、鉱石を集めて売り払えば毎回の鍛冶に必要となるお金にも困りません。

つまり、このタイミングでもう最強武器が手に入ってしまうということですね。

 

そういうこともありますし、伝説の武器はストーリーの進行と特に関係がないため、今回は伝説の武器集めをパスさせていただきます。

 

スミスとハンスののれん分け

話を戻して、まだ終わっていない鍛冶屋のイベントを続けます。

一度トンクウの町を出てから再び鍛冶屋の奥に入ると新しいイベントが起こります。

 

ピエトロ

「あれれ、ハンスさんがいないけど、また鉱石採りですか…?」

 

スミス

「ああハンスね!

あいつぁ のれん分けしたんですよ。

もういいトシだからね!」

 

「前に鉱石採りに行かせたとき、あいつ、迷ったでしょう。

そのときに立ち寄った町…

ええと、失われた町とかいう場所で鍛冶屋をやるんだ!

って言ってたけどねえ。」

 

「鍛冶の腕はバッチリなんだがほかがダメなヤツだからちょっと心配してるんですが…

…うーん、話しているうちにドンドン心配になってきたぞ…

…大丈夫か、あいつ…」

 

「ピエトロさん、もし、失われた町ってところに行ったら、ハンスのようすを見てきてくれませんか。

私はここから離れられないから…

お願いしますよ。」

 

《ピエトロ日記・10日目》

鍛冶屋にハンスさんがいない。

のれん分け、ということになって、失われた町で仕事をしているみたい。

スミスさん、ちょっと心配そう。

 

というわけで、次は大十字路を経由して失われた町へと向かいます。

 

失われた町の傭兵所の近くにハンスさんがいました。

 

話しかけてみると、ハンスさんは鍛冶屋の命であるハンマーをモンスターと戦うときに使って壊してしまったようです。

ハンマーがないと鍛冶屋の商売ができないということでとても困っています。

 

のれん分けをしたハンスさんの計画は思うように進んでいないため、心配していたスミスさんのもとへ報告しに向かいます。

 

トンクウの鍛冶屋に戻ると、再びイベントです。

ピエトロ

「こんにちは、スミスさん。

失われた町でハンスさんに会いましたよ。」

 

スミス

「え! そうですか。

それはそれは…

で、どんなようすでした?」

 

ピエトロ

「ええと、道具が壊れたとかで…

なんだかとっても困っていたみたいですけど…」

 

スミス

「は~っ。やっぱり…

どうせハンマーでモンスターを叩いたりしたんでしょうな…

…ったく。」

 

「しょうがないヤツだ。

商売道具をなんだと思ってるんだ。

ちょっと待ってください。」

 

スミスさんは2階からハンマーを持って降りてきました。

 

スミス

「ピエトロさん、すみませんけどね、もしハンスに会ったら、これを渡してもらえませんかね?」

 

スミスさんから鍛冶屋のハンマーを受け取りました。

 

スミス

「無理にとは言いません。

会ったら、でいいですから。

お願いしますよ。」

 

《ピエトロ日記・10日目》

ハンスさんの話をスミスさんにしたら、鍛冶屋のハンマーを預ることになった。

スミスさんっていい人だと思うけど、ここに来るといろいろ頼まれちゃう。

 

もう一度失われた町へ向かい、預かったハンマーをハンスさんに渡しに行きます。

 

失われた町のハンスさんの所に到着しました。

ピエトロ

「あの~、ハンスさん、スミスさんからこれを預かってきました…」

 

ハンス

「わっ! ピエトロさん!

えっ! こっ、これはっ!

な、なんと!

鍛冶屋のハンマーじゃないですか!」

 

「スミスの親方がこれを僕に…

ううっ…ありがたや…

これぞ師弟愛…

持つべきものは親方だな…」

 

「これさえあれば、鍛冶屋ハンスの営業ができますよ!

ピエトロさん、ありがとう!

お礼と言ってはなんですけど、これをさしあげます!」

今度はハンスさんから「秘蔵の斧」を貰いました。

攻撃力は高いですが、少しムラがあって命中率があまり高くない武器みたいです。

 

その後、鍛冶に必要な道具が手に入ったハンスさんは失われた町で鍛冶屋を開くことを決意していました

 

《ピエトロ日記・10日目》

失われた町のハンスさんの所に行く。

スミスさんから預っていた、鍛冶屋のハンマーを渡した。

そのお礼に秘蔵の斧をもらった。

がんばれ、ハンスさん!

 

掘り出し物を売るよろず屋がオープン

ピエトロがスミスさんとハンスさんのパシリとしていいように使われていましたが、なんとか鍛冶屋ののれん分けが成功しました。

 

しかし、このイベントを最後まで終わらせるためにはトンクウと失われた町をもう一往復します。

 

鍛冶屋のスミスさんにハンマーを渡したことを伝えてから失われた町のハンスさんに会いに行くと、ハンスさんのよろず屋がオープンしています

 

ハンスさんが鍛冶屋をやっていないことをピエトロが指摘すると、

ハンスさんは「鍛冶をするよりも拾ってきたものをそのまま売る方が楽だし儲かる」ということに気付いて方針を変えたとのことでした。

 

しかし、スミスさんはのれん分けした鍛冶屋を続けていると思っているため、親方には内緒にしてほしいとハンスさんに釘を刺されました。

 

そしてハンスさんが開いたよろず屋では強い武器と防具の販売に加えて、掘り出し物システムが採用されています。

 

掘り出し物というのは、ピエトロが装備している武器の攻撃力よりも低い攻撃力の武器を買うことが出来るものです

タイガーデパートの掘り出し物は剣・斧・弓の3種類でしたが、ここでは剣・斧・弓・グローブ・ハンマー・ヤリの6種類を買うことが出来ます。

 

例えば、ピエトロに+20まで鍛えた伝説の剣を装備させて掘り出し物で買い物をすれば、伝説の武器と杖以外の全ての武器を購入することが可能となります。

 

アイテムをコンプリートしたい人にはオススメですね。

レベルが低くても強い武器と防具を揃えれば怖いものなしで先に進んでいくことが出来ます。

 

Part14へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。