栄冠ナイン日記/パワプロ2021、6年目‐夏『トリプルプレーの悪夢』

【5年目・秋と春の振り返り】
春の甲子園出場は叶わなかったものの、これまでの最高成績となる秋の地区大会2回戦まで勝ち進みました。
今年度のチームの成績栄冠ナイン日記/パワプロ2021、5年目‐秋春『夢と憧れはもう1歩先に』

 

なかなか次の県に進めそうな雰囲気もないまま迎えた6年目の春。

甲子園で優勝するまでプレイしていく都道府県を変える予定はないため、今回も沖縄県で甲子園を目指します。

6年目の日本地図

5年目の夏には県大会決勝まで勝ち進んだため、最高記録は夏の県大会決勝進出に変わりました。

 

スカウトでの入部は3選手のみに

6年目の新入部員

今季の新入部員も前年度から変わらず8人

全員で5人の選手をスカウトしましたが、良好の反応を貰っていた3人のみの入部にとどまりました。

転生選手・天才選手もいません。

 

半田の能力

半田はスカウト時の評判通り能力のバランスが良く、全ての能力がE以上となっています。

目立った特殊能力はありませんが、基礎能力の高さ・守備能力の高さから捕手を任せる予定です。

 

安村の能力

安村は走塁・守備力を評価してスカウトした選手です。

走力・守備の基礎能力が高く、盗塁C・走塁Cの特殊能力も良いですね。

夏に向けてさらに走力を伸ばし、まずは代走起用をメインに考えて育成していきます。

 

永瀬の能力

永瀬は圧倒的な長打力を評価してスカウトしました。

パワーCは評判通りですが、他の基礎能力も高くて育てがいのある選手だと思います。

同じ新入部員の半田と捕手のポジションを争うとともに、打撃をさらに伸ばすために守備負担の少ないポジションへのコンバートも考えていきます。

 

北岡の能力

北岡は走力がやや高めの内野手でした。

守備面では送球Eが気になるため、外野手か一塁手で起用していきたいと思います。

打撃面ではアベレージヒッターを持っているため、ミートも伸ばしていきたいですね。

 

篠塚の能力

篠塚はパワーがやや高く、チャンスC・対左打者C・代打〇など打撃の特殊能力は良い感じです。

その他の目立ったアピールポイントはないため、まずは代打として活躍できるように打撃を伸ばしていきます。

 

金村の能力

金村は基礎能力がそこまで高くないものの、チャンスBは評価できますね。

送球Cも持っているので、内野手にコンバートして全体的に能力をバランス良く伸ばしていきたいです。

 

新里の能力

新里は基礎能力がかなり高いものの、特殊能力はあまり良くありません。

スロースターター・打たれ強さFは先発として良くない能力なので、まずは赤特殊能力を消すところから始めていきます。

 

三田村の能力

三田村も基礎能力は悪くないものの、特殊能力には恵まれていません。

リリーフとしてもまだ期待できない能力なので、バランス良く能力を伸ばしながら起用法を模索していきます。

 

もう少し新入生スカウトで良い選手を獲得しておけばと思ってしまうところですが、上手く育てれば良い選手に育ってくれる素材型の選手が多いので、時間をかけて育てていきたいと思います。

 

ノーアウト満塁は大ピンチ

夏の県大会1回戦

6年目となる今年こそはそろそろ甲子園に出場しなければいけないタイミングなので、能力・信頼度の高い2,3年生を多く起用する「勝ちに行く采配」で臨んでいきます。

 

総合戦力Dの座間味第一と戦う初戦は、2年生の舩木に先発を任せます。

 

序盤は点の取り合いとなり、6回表に味方のエラーで3対3の同点に追いつかれてしまいますが

中村の満塁ホームラン

6回裏に4番の3年生中村が満塁ホームランを放って大きくリードを広げます。

 

夏の県大会1回戦勝利

その後に登板させた1年生が少し打たれることもありましたが、さらに4番の中村がこの試合2本目のホームランを放つなど打線が繋がり、二桁得点での勝利を挙げました。

 

2試合目も引き続き、2年生の舩木に先発を任せます。

総合戦力Cの沖縄北

相手は総合戦力Cの沖縄北

 

この試合は序盤にリードを作ったものの、7回裏に点を失い1点差に詰め寄られてしまいます。

しかし8回裏に犠牲フライで1点を追加し、リードを2点に広げ最終回の攻防へ。

 

9回裏2アウト満塁のピンチ

9回のマウンドにも上がった先発の舩木は2アウト満塁のピンチを招いてしまいますが、

 

夏の県大会2回戦勝利

何とかリードを守り切って勝利を挙げました。

 

舩木が対ピンチFに

完投勝利を挙げた2年生の舩木でしたが、この試合で対ピンチFを身に付けることとなってしまいました。

 

夏の県大会準々決勝の相手は総合戦力Cの「うるま水産」

昨年の夏の決勝で敗戦を喫した相手です。

夏の県大会準々決勝

この試合の先発は3年生の野瀬に任せます。

 

一番信頼していたエース格の投手でしたが、この試合では犠牲フライで先制を許し、さらに5回裏には満塁ホームランを浴びて5点ビハインドとなってしまいます。

こちらも7回に2点を返して反撃を始めますが、その裏に2ランホームランを食らって流れを掴めないまま。

 

5点ビハインドで迎えた9回表の攻撃

相手投手が制球を乱したところに付けこんでノーアウト満塁のチャンスを作り、二者連続四球・タイムリーヒット・押し出しの四球で1点差まで詰め寄ります。

ノーアウト満塁の大チャンス

こうして迎えた1点ビハインドの9回表

ノーアウト満塁でイケイケの雰囲気が出ていましたが、驚くことに2年生の八鍬「5-5-2-3のトリプルプレー」に倒れてゲームセット。

捕手からファーストへの送球は高く浮いていたものの、走力Fの八鍬の足では三重殺を崩せませんでした。

 

夏の県大会準々決勝敗北

1点取れれば同点という場面での悲しすぎる結末

まさか栄冠ナインでトリプルプレーを見ることになるとは思っていませんでした。

 

トリプルプレー

ちなみに、9回表の攻撃は

  • レフト前ヒット
  • ショートのエラー
  • 3者連続四球
  • レフト前ヒット
  • 四球
  • トリプルプレー

という流れでした。

 

トリプルプレーも記録上は併殺打のくくりに入るため「三併」となっています。

「サードゴロ⇒三塁フォースアウト⇒ホームタッチアウト⇒一塁フォースアウト」でトリプルプレー完成

走力が低かったとは言え、嘘であってほしかった…

 

「ノーアウト満塁は大ピンチ、特にバッターの足が遅い場合は」

忘れずに覚えておきます。

 

甲子園までの道は切り開かれずに

今年の夏も甲子園までの道が切り開かれなかったため、最後に秋の大会を戦う1,2年生の新体制の主力選手を紹介して終わりとさせていただきます。

 

2年生田村の能力

2年生の田村は打率4割のハイアベレージを残し、高い走力と盗塁Bの特殊能力を武器に多くの盗塁を成功させています。

これからはチームの新しいリードオフマンとして、1番センターで起用をしていく予定です。

 

2年生八鍬の能力

2年生の八鍬は夏の県大会でトリプルプレーを記録したバッターです。

反省を活かし、大会終了後からすぐに走力を伸ばしています。

 

プルヒッター・インコースヒッターが武器のため、思いっきり引っ張らせたら残念な結果に繋がってしまいましたが、長打力が武器であることには変わりないためこれからの活躍を期待します。

 

2年生谷川の能力

2年生の谷川は、この夏の大会ではチャンスで結果を残せずにチャンスAからチャンスBに下がってしまいました。

ここからはミートと走力を伸ばしながら上位打線を任せていこうと思います。

 

1年生半田の能力

1年生の半田は2試合の出場にとどまりましたが、フル出場をした試合では結果を残して5打数3安打の好成績です。

今の段階では主に守備を頑張ってほしいですが、打ってくれるに越したことは無いので打撃にも期待です。

 

1年生安村の能力

1年生の安村は色々と特殊能力が増え、今は走力が武器の選手になっています。

バッティングはまだまだですが、守備力の高さもあるので走攻守三拍子揃った活躍を期待しています。

 

2年生舩木の能力

2年生の舩木の球速は150キロまで上がり、一時チャンスFまで下がった赤特殊能力はもう消せています。

キャッチャーBを持つ捕手が引退してしまったのが痛手ですが、防御率1.91のエースとしてチームを引っ張ってほしいと思います。

 

1年生新里の能力

1年生の新里は本を利用して打たれ強さCまで上がったものの、スロースターターはまだ消せていません。

それでも2試合に登板し失点は無し、これからも中継ぎでの起用がメインになると思いますが、結果を残し続けて信頼を勝ち取っていただきたいです。

 

予想外の結末であっさりと終わってしまった6年目の夏。

夏の大会では3年生を多く起用していたため、1,2年生だけの打線には「打率.000」の選手がたくさん並んでしまっています。

 

それでも、5年目は夏・秋ともにあと一歩で甲子園出場というところまで勝ち進めていたため、今年は秋の県大会・地区大会を勝ち抜いて、春の甲子園に出場できるよう頑張っていきます。

 

秋へ続く

男マネージャー栄冠ナイン日記/パワプロ2021、6年目‐秋春『力不足の一言に尽きる』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。