栄冠ナイン日記/パワプロ2021、8年目‐夏『エースの力投も報われず』

【7年目・秋と春の振り返り】
秋の県大会では2回戦で敗退してしまいましたが、新入生スカウトでは期待できる選手を集めました。
主なスカウト済み選手栄冠ナイン日記/パワプロ2021、7年目‐秋春『新入生スカウトで一息』

 

8年目となる今年度も、いつも通り沖縄県で甲子園優勝を目指していきます。

8年目の日本地図

甲子園への出場はまだ1度もありません。

 

バランス良く能力の高い野手に期待

8年目の新入部員

中堅校のまま1年を過ごしていたため、今年も8人の新入生が入部しています。

スカウトをして良好の反応を貰っていた野手5人に加え、まあまあの反応だった反町も入部を決めてくれました。

 

古田の能力

古田はスカウト時の評判通り全体的に基礎能力が高く、特にパワー走塁の能力の高さが目立っています。

まずは走力中心の育成をしていこうと考えていますが、全体的な能力の高さを活かして走攻守三拍子揃った選手に育てたいですね。

 

広橋の能力

広橋は地区大会出場の戦績ですが、比較的基礎能力が高い良い選手だと思います。

パワーヒッターの特殊能力が最大のアピールポイントなので、打撃重視で育成していきます。

 

棚橋の能力

棚橋もスカウト時の評判通りバランス良く能力が高く、目立った弱点がないため即戦力として活躍してくれると思います。

特殊能力をたくさん持っている選手なので、打撃を中心にバランス良く能力を上げていきたいです。

 

小島の能力

小島もかなり基礎能力が高く、レーザービーム・送球Cを活かすために外野手を守ってもらおうと思います。

チャンスF・対左投手Eの部分はマイナスとなってしまいますが、プルヒッターを活かすために長打力を鍛えていきたいですね。

 

清水の能力

清水は今回の新入生の中でも際立って能力が高く、能力の高さを表す星の数は200を超えていました。

内野手としては送球Eが少し残念ですが、守備能力が高いのでセカンドでの活躍を期待したいと思います。

送球の能力を上げるともにバランス良く基礎能力を伸ばし、三拍子揃った選手として活躍していただきたいです。

 

黒瀬の能力

黒瀬はスカウトした選手では無いものの、ミート力の高さチャンスCの特殊能力で打撃には期待できそうです。

それ以外の基礎能力もそこまで悪くありませんが、まずはとにかく打撃能力を伸ばして代打要員として結果を残してくれればと思っています。

 

反町の能力

反町は変化球の能力の高さを評価してスカウトしました。

すでに変化量2の変化球を2球種持っていて、ムービングファストも覚えています。

目立った特殊能力はありませんが、目立った弱点もないのでゆっくり育てていこうと思います。

 

南部の能力

もう一人の投手の南部は基礎能力がかなり低く、活躍できる投手になるまでには時間がかかりそうです。

3年生になる頃には、この時と見違えるような好投手になっていることを願っています。

 

今回の新入生スカウトは、今までで1番良いスカウトになったと思います。

全体的に能力の高い選手を集めてきたため、チームの弱点が減ってくれることでしょう。

1年生にも頼りながら、夏の大会での甲子園出場を目指していきます。

 

エースの好投も援護が無ければ虚しく

夏の県大会二回戦

今年はトーナメントの関係で2回戦からの登場となりました。

 

初戦となる2回戦、先発は2年生の奥井に任せます。

相手は総合戦力Eの金武高校、狙うはコールドでの快勝です。

 

初回からきっちりと先制点を取り、その後も多くのチャンスを作りますが得点を奪いきれません。

 

夏の県大会二回戦勝利

2年生の奥井が完封勝利を挙げて試合には勝ちましたが、打線は再三のチャンスを活かしきれず4得点にとどまりました。

得点力にやや不安が残ります。

 

夏の県大会準々決勝

準々決勝も先発は2年生の奥井に任せます。

対戦相手は総合戦力Cのうるま農業

 

この試合は、4回に迎えたノーアウト満塁のチャンスで投手の奥井が2点タイムリーヒットを放つなどで4点のリードを作ります。

 

さらに5点リードで迎えた7回裏の攻撃では、

篠塚の代打サヨナラ3ランホームラン

1アウト1,3塁のチャンスで代打の3年生篠塚がサヨナラ3ランホームランを放ってコールド勝ちを決め、得点力への不安を払拭しました。

 

夏の県大会準々決勝勝利

この試合も先発の2年生奥井が7回1失点の好投を見せています。

 

準決勝も、防御率0点台を誇る2年生の奥井に先発のマウンドを任せました。

総合戦力Bの石垣高校

相手は総合戦力Bの石垣高校

 

初回に4番金村のタイムリーヒットで先制点を挙げますが、その後はなかなか追加点を奪えず5回には逆転を許してしまいます。

 

そのまま試合は動かず、1点ビハインドで迎えた9回表の攻撃

9回表2アウト2塁のチャンス

何とかランナーを出し、盗塁を成功させて2アウト2塁のチャンスを作りますが、

 

夏の県大会準決勝敗退

代打の1年生清水はセカンドライナーに打ち取られてゲームセット

ロースコアとなった接戦を落としました。

 

2年生の奥井が好投を続けていたので今年こそは甲子園の土を踏めると信じていましたが、そう簡単に県大会を勝ち抜くことは出来ませんね。

さらにこの敗戦で、野球部の評判は「そこそこ」に下がってしまいました。

 

好投手への代打と継投は慎重に

うるま高校との練習試合

この夏も3試合の対戦に終わってしまったため、経験を積むために練習試合を行いました。

相手は総合戦力Cのうるま高校

 

2年生塚原のタイムリーで先制し、1年生小島にもタイムリーヒットが飛び出して2点のリードを作ります。

 

しかし、7回のマウンドに上がった1年生の反町は3点を失い逆転を許し、

練習試合敗北

反撃することは出来ずにゲームセットとなりました。

 

練習試合の投手成績

2年生の奥井に代打を送らず完投させていればリードを守り切れていたのかもしれませんが、練習試合ぐらいは他の投手も投げさせてあげないと可哀想ですよね。

それでもこの反省は活かさないといけないので、秋の大会での奥井への代打・継投は慎重に行うようにします。

 

今年度の春こそは甲子園へ

今年も夏の甲子園に歩みを進めることはできませんでした。

盤石なバッテリーを中心に戦力は揃っていた思っていましたが、総合戦力B以上の格上の高校と当たってしまうと得点力が極端に落ちてしまいます。

 

今回も、これから秋の大会を戦う1,2年生の主力選手を紹介して終わりです。

 

2年生奥井の能力

2年生の奥井は夏の大会で3試合全てに先発し、

  • 2回戦「9回完封」
  • 準々決勝「7回1失点」
  • 準決勝「8回2失点」

と安定したピッチングを続けてくれました。

 

バッテリーを組む2年生の正捕手笹山の存在も大きいため、奥井笹山の強力なバッテリーでチームを春の甲子園の舞台まで導いてもらいたいです。

 

1年生反町の能力

1年生の反町対ピンチの必勝本を使って対ピンチAを身に付けさせましたが、残念ながら練習試合では打ち込まれてしまいました。

それでも球速は徐々に上がってきているため、秋の大会ではピンチの場面での好リリーフに期待したいです。

 

2年生池の能力

2年生のは打撃であまり良い結果を残せていませんが、守備・走塁では完璧なプレーを見せてくれています。

守備の要として信頼している選手ですが、打撃でももうちょっと頑張ってほしいですね。

 

2年生塚原の能力

2年生の塚原にはチャンスB高い打撃能力を活かしたバッティングがあります。

実績はまだまだですが、4番バッターとして打点を稼げる選手・チャンスで結果を残せる選手として活躍を期待しています。

 

1年生清水の能力

1年生の清水は外野手のサブポジを付けていますが、送球Eから送球Dに上がったため二塁手として起用を続けていきます。

打撃能力は悪くないものの、夏の大会ではヒットが出ていません。

走攻守三拍子揃った選手になるためには、打ってもらわないと困ります。

 

8年目となる今年の夏も甲子園に手が届きませんでした。

10年目までには沖縄県で甲子園優勝を決めて新たな都道府県へ挑戦したいと思っているので、そろそろ甲子園出場の実績は作っておきたいところです。

 

秋へ続く

春の甲子園一回戦栄冠ナイン日記/パワプロ2021、8年目‐秋春『初めての甲子園の舞台』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。