栄冠ナイン日記/パワプロ2021、19年目‐夏『野球は9回2アウトから?』

【18年目・秋と春の振り返り】
チームは徐々に力を付けていますが、格上との対戦が続き春の甲子園2回戦敗退となっています。
2点ビハインドで迎えた9回裏の攻撃栄冠ナイン日記/パワプロ2021、18年目‐秋春『なかなか先に進めない』

 

19年目も例年に引き続き長崎県での甲子園優勝を目指します。

19年目の日本地図

16年目にスタートを切った「初志貫徹第三高校」ではまだ一度も甲子園優勝を出来ていないため、今年度・来年度での2年連続甲子園優勝が目標です。

 

今年度の新入生は残念ながら期待外れ

19年目の新入部員

前年度の新入生スカウトでは野手5人・投手1人の計6選手に声をかけましたが、「まあまあ」の反応だった長打力が魅力的の高柳には入部を見送られてしまいました。

 

巽の能力

チャンスメーカーとしての能力を評価してスカウトしたは、ミート・パワー・走力がDの強い選手です。

盗塁・走塁能力も悪くないため、まずは捕球をEまで上げてから走力をどんどん伸ばしていきます。

 

金川の能力

能力のバランスの良さ・高さを評価してスカウトした金川は、目立った特殊能力こそないものの基礎能力は高めです。

上位打線を打てる選手になるように、打撃・走塁を中心に伸ばします。

 

勝山の能力

打撃力を期待してスカウトした勝山は、ミートとパワーがともにDで悪い特殊能力も付いていない選手です。

ファーストにコンバートし、練習は打撃能力と捕球に絞って育てていきます。

 

宮川の能力

能力のバランスの良さを評価してスカウトした宮川は、高い基礎能力とチャンスC対左打者Cを持っています。

サードへコンバートし、クリーンナップを打てるバッターに育てたいと思います。

 

塩原の能力

130キロ超えの球速と闘志を評価してスカウトした塩原でしたが、球速と変化球の項目で期待は裏切られました。

それでも特殊能力は悪くないため、来年の夏の大会で先発を任せられるぐらいには育てたいですね。

 

そして、

  • ミートと走力が高めの番場
  • 打撃能力が高めの稲田
  • 低め〇を持っている北本

の3人も加わっています。

 

総合戦力Cの高校が続いた夏の県大会

夏の県大会初戦

夏の県大会初戦の相手は総合戦力Cの雲仙高校

この試合の先発は3年生の松橋に任せました。

 

2年生川﨑のタイムリーヒットで初回から先制点を奪い

1年生宮川の代打3ランホームラン

代打の1年生宮川には3ランホームランが飛び出すなどで大きくリードを広げ

 

夏の県大会初戦勝利

サヨナラでの8回コールド勝利で初戦突破です。

 

総合戦力Cの川棚中央高校

2回戦目の相手は総合戦力Cの川棚中央高校

 

先発を任せた松橋は2ランホームランを打たれるなどで序盤は3点ビハインドの展開となりますが

4回に打線が繋がって同点に追いつき、7回に3年生二村のソロホームランで勝ち越しに成功

夏の県大会2回戦のスコア

最後は2年生の遠藤が三者凡退で試合を締めて接戦を制しました。

 

夏の県大会準々決勝

準々決勝の相手は総合戦力Cのいさはや高校

 

3年生の米倉に先発を任せたこの試合は、

3年生山﨑の3ランホームラン

3年生山﨑の満塁ホームランなどで大量リードを作り

 

夏の県大会準々決勝勝利

7回コールドの快勝で試合を制しています。

 

総合戦力Cの対馬高校

準々決勝の相手は総合戦力Cの対馬高校

 

この試合は初回に3年生小杉が2ランホームランを放って勝ち越しに成功

先発の3年生松橋が3ランホームランを打たれる場面もありましたが、打線の勢いは止まらず

 

夏の県大会準決勝勝利

打線は17安打11得点の猛攻を見せ、コールド勝ちで県大会決勝へとコマを進めました。

 

夏の県大会決勝

決勝戦も3年生の松橋に先発を任せました。

 

総合戦力Aの長崎高校

相手は強力な打線を抱える総合戦力Aの長崎高校

 

この試合でも打線の勢いが止まることはなく

3年生小杉の3ランホームラン

3年生小杉の3ランホームラン、同じく3年生の大塚にも3ランが飛び出すなどで大きくリードを広げます。

 

夏の県大会決勝のスコア

最終的には二桁得点の大勝で甲子園進出を決めました。

 

パラメータMaxの総合戦力Aは手強い

夏の甲子園2回戦

夏の甲子園大会は2回戦からの登場となっています。

初戦の相手は総合戦力Cの大牟田高校

 

先発を任せた3年生の松橋は先制を許してしまいますが

打線がすぐに逆転し、3年生小杉の3ランホームランなどで大きく突き放します。

 

夏の県大会2回戦勝利

二桁安打・二桁得点での大勝で、初志貫徹第三高校になってからは初の夏の甲子園勝利となりました。

この勝利で「強豪校」へと評判が上がっています。

 

総合戦力Bのアルプス高校と対戦した3回戦は

2本のソロホームランなどで打線が得点を取り、投手陣は先発松橋からの完封リレーで勝利を挙げました。

 

総合戦力Bの羽咋高校と対戦した準々決勝でも

打線の勢いは止まることなく5点差を付けての快勝となっています。

夏の県大会3回戦・準々決勝のスクラップ

危なげない試合運びでベスト4進出を決めました。

 

総合戦力Aのすさみ中央高校

準決勝の相手は総合戦力Aのすさみ中央高校

 

先発を任せた3年生の米倉が先制を許してしまうも

2年生の天才石倉が才能開花

7回裏に2年生石倉才能開花を使った2点タイムリー2ベースヒットで逆転に成功します。

 

その後は同点に追いつかれてしまいますが

一打サヨナラのチャンス

9回裏に2アウト3塁の一打サヨナラのチャンスを作り

 

夏の県大会準決勝勝利

3年生小杉がきっちりとタイムリーヒットを放ってサヨナラ勝ちとなりました。

 

夏の甲子園決勝

そして迎えた夏の甲子園決勝

 

総合戦力Aの志摩高校

相手は総合戦力Aの志摩高校

パラメータMaxで決勝戦にふさわしい相手です。

 

3年生松橋の先発で臨みましたが、調子が不調だったこともあり5回5失点の大乱調

打線はチャンスを作るものの、あと一本が出ない展開が続きます。

 

さらに追加点を奪われ、7点ビハインドで迎えた9回裏の攻撃

9回裏2アウトから魔物発動

2アウトで内気の正捕手五十嵐に打順が回り、甲子園の魔物を発動

 

野球は9回2アウトからと言いますが、堅い守備に阻まれて得点を奪うことは出来ず。

夏の甲子園準決勝・決勝のスクラップ

投打ともに振るわず、7点を取られての完封負けとなって甲子園優勝を逃しました。

 

夏の悔しさを必ず晴らしてみせる

最後に、これから秋の大会・春の甲子園を戦っていく予定の2年生の主力選手を紹介して終わりにします。

 

2年生野澤の能力

2年生の野澤は夏の甲子園準優勝校のエースとして少し心許ないですが、キャッチャーAの2年生五十嵐がいるため特殊能力も活かして試合を作ってくれるでしょう。

 

2年生遠藤の能力

2年生の遠藤はリリーフエースとして夏の甲子園でも活躍してくれました。

勝ち運をもっているため、スタミナが育てば先発としての起用も考えていきます。

 

2年生幕田の能力

2年生の幕田は打率4割超え、通算二桁盗塁を記録しているリードオフマン

この調子を維持したまま1番バッターとしてチームを引っ張っていってほしいです。

 

2年生石倉の能力

2年生の石倉は打率が3割を超え、チャンスAを身に付けてようやく結果が出始めました。

天才選手としてはもっと良い成績を残してくれないと困るので、攻守にバランス良く育てていきます。

 

夏はあと一歩のところで甲子園優勝を逃してしまったため、秋の大会を勝ち抜き、春は必ず甲子園優勝を成し遂げます!

 

秋へ続く

春の甲子園優勝・全国制覇栄冠ナイン日記/パワプロ2021、19年目‐秋春『夏の悔しさは春に晴らす』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。