栄冠ナイン日記/パワプロ2021、23年目‐夏『名門校から常勝校へと』

【22年目・秋と春の振り返り】
春の甲子園では圧倒的な打力を発揮し、打ち勝つ野球で佐賀県での甲子園優勝を果たしました。
初志貫徹第四高校甲子園初優勝栄冠ナイン日記/パワプロ2021、22年目‐秋春『力を付けいざ黄金期へ』

 

23年目は福岡県での甲子園優勝を目指して戦っていきます。

23年目の日本地図

九州地区最後の福岡県では「名門校」の力を遺憾なく発揮して、

テンポ良く四国地方へと向かっていきたいところです。

 

10人の新入生で名門校の層は厚くなる

23年目の新入部員

春の甲子園優勝を果たし「名門校」へと成長したため、今年度は10人の新入部員を迎えました。

前年度のスカウトでは投手2人野手4人から良好の反応を貰っています。

 

荒川の能力

逃げ球と変化球の能力の高さに期待して声をかけた荒川

軽い球ナックルの組み合わせはちょっと怖いですが、ノビCなのでストレートの強さを活かしたピッチングをしてくれると思います。

 

村越の能力

球速と変化球に期待の村越は133キロの速球とコントロールに良さがあるものの、負け運対ピンチE・ノビEが少し気になります。

それでも対左打者Cの左腕投手なので、ワンポイントリリーフとして力を発揮してくれるでしょう。

 

下里の能力

下里は132キロの球速やコントロールE、さらに逃げ球など良いところがたくさんあります。

スタミナや変化球を中心に伸ばしながら先発としてじっくり育てていきたいと思います。

 

山上の能力

巧打力に期待の山上は基礎能力がかなり高いものの、目立った特殊能力がありませんでした。

守備はそこまで良くないものの足は速い選手なので、外野にコンバートしてさらに打力を磨いていきます。

 

森の能力

打撃力・走力に期待の威圧感を持っていますが、赤特も少し気になってしまいますね。

まずは打撃を伸ばして1年目は代打を中心に起用していこうと思います。

 

中津川の能力

高い守備・走塁能力を見てスカウトした中津川は期待通り守備型の選手でした。

捕手としてキャッチャー能力アップを狙いながら、サブポジを付けて内野も守ってもらいます。

 

半田の能力

全体的な能力の高さに期待してスカウトした半田はバランス良く強い選手です。

他の選手との兼ね合いにはなりますが、出来るだけ守備負担の少ないポジションにコンバートして打撃を中心に磨いていこうと思います。

 

そして、

  • アベレージヒッターを持つセカンドの松谷
  • パワーヒッターを持ち守備・捕球が良い宮口
  • 走力と守備力が高い外野手の金指

この3人も入ってきています。

 

名門校になれたけど常勝校には届かず

夏の県大会初戦

夏の県大会初戦の相手は総合戦力Eの嘉麻高校

 

2年生の芝崎が先発したこの試合は打線がしっかりと繋がり

夏の県大会初戦のスコア

危なげなく6回コールド勝利でスタートを切りました。

ホームランも大量に飛び出しています。

 

2回戦は3年生の日比野に先発を任せました。

総合戦力Dの春日工業

相手は総合戦力Dの春日工業高校

 

勢いそのままコールド勝ちとはならなかったものの

夏の県大会2回戦のスコア

日比野の7回2失点の好投や2本のホームランなどで快勝を挙げています。

 

夏の県大会3回戦

夏の県大会3回戦の相手は総合戦力Cの朝倉高校

 

序盤から打線が繋がって4点のリードを作ったものの、先発をした2年生の芝崎が5回に満塁ホームランを打たれ同点に追いつかれてしまいます。

 

6対6の同点で迎えた8回にはノーアウト満塁のチャンスを作り

ノーアウト満塁のチャンス

代打に送った3年生駒田の内野ゴロの間に勝ち越しに成功。

 

さらに、魔物を発動してこの回一挙9点を積み上げ

夏の県大会3回戦勝利

二桁得点を記録して8回コールド勝ちとなりました。

 

夏の県大会3回戦の投手成績

頼れるはずの2,3年生の投手陣が崩れるのが一番怖いですね。

 

準々決勝は3年生の日比野が先発です。

総合戦力Aの博多水産

相手は総合戦力Aの博多水産高校

投打に強力なチームとなっています。

 

初回にいきなりホームランを打たれて先制を許し、5回にも1点を追加されますが

熊倉の2ランホームラン

2年生熊倉のバックスクリーン弾で同点に追いつきます。

 

さらに魔物の力も借りて7回に勝ち越しを決め

夏の県大会準々決勝勝利

日比野の粘り強いピッチングと熊倉の2ランホームランと魔物の力で接戦を制しました。

 

夏の県大会準決勝は2年生の芝崎が先発

総合戦力Bの飯塚高校

相手は総合戦力Bの飯塚高校

 

ソロホームランで初回に失点したものの、流れを渡さずロースコアの投手戦に

1点リードで迎えた9回の守備

1点リードで迎えた9回裏の守備は3年生の日比野にリリーフを任せ、

 

夏の県大会準決勝勝利

きっちりと守り切って県大会決勝へと駒を進めています。

 

夏の県大会決勝のスコア

決勝は3年生の日比野に先発のマウンドを任せました。

相手は総合戦力Bの小倉農業

 

この試合は2年生熊倉のタイムリーヒットで初回に先制をするも、5回に打ち込まれて逆転を許してしまいます。

 

1点ビハインドで迎えた9回の攻撃

そして、1点ビハインドで迎えた9回表の攻撃

 

夏の県大会決勝のスコア

あっさりと三者凡退に打ち取られてゲームセット

打線が振るわず夏の甲子園出場を逃してしまいました。

 

夏の県大会準決勝・決勝のスクラップブック

3回戦までは順調に勝ち進みましたが、出場校の多い福岡県ということもあり準々決勝以降は接戦が続きました。

公式戦14連勝でストップとなり「名門校」ながらも、まだ「常勝校」になることは出来ていません。

 

3年生の2選手が高校日本代表選出

高校日本代表選出

「初志貫徹第四高校」として4年目を迎え、昨年度は春の甲子園優勝を果たしたことにより2人の選手が高校日本代表に選出されるまで育ちました。

 

3年生の日比野「剛速球」を評価されての選出となり、

日本の先発3本柱の一角として活躍してきたようです。

 

同じく3年生の塚越「ズバ抜けたパワー」を評価されての選出となり、

主に4番一塁手として出場して豪快なホームランを放ったそうです。

 

その2人の詳しい能力は3年生が卒業する春に紹介させていただきます。

 

キャッチャーBで投手陣に安定感を

2年生芝崎の能力

2年生の芝崎は基礎能力・特殊能力ともに期待できるエースのように見えますが、まだ打たれ気味で防御率も安定していません。

変化球をもっと伸ばして三振を奪える投手にしていきたいですね。

 

2年生高倉の能力

2年生の高倉は150キロを超える速球と重い球があるものの、防御率7点台と失点が目立ちます。

1年後には引退を迎えることになりますが、まだまだ伸びしろの大きい投手だと思います。

 

1年生下里の能力

1年生の下里は夏の県大会で登板したこともあって球速がよく伸び、奪三振勝ち運を新たに身に付けました。

引き続きエース候補としてバランス良く育てていきます。

 

1年生宮口の能力

1年生の宮口は夏の合宿でキャッチャーBを習得し正捕手となりました。

パワーヒッターを活かすために打力を中心に鍛えて攻守に活躍できる選手になってほしいです。

 

2年生大久保の能力

2年生の大久保はここまで打率4割を記録するアベレージヒッターです。

強い特殊能力を持っている選手なので、この調子で活躍を続けていただきたいです。

 

2年生古山の能力

2年生の古山は夏の県大会ではかなり打率を上げて3割に乗せました。

既に二桁盗塁も決めているため、引き続き上位打線で得点を生み出す働きを期待したいです。

 

2年生熊倉の能力

2年生の熊倉は1年生の頃から4番に座り続けて5本塁打・26打点を記録している好打者です。

二桁本塁打にも期待したいですし、打点を稼ぐ活躍にも期待しています。

 

夏は県大会決勝で敗れ甲子園出場を逃したため、春の甲子園では必ず優勝して九州地区制覇を達成したいです。

 

秋へ続く

春の甲子園準決勝・決勝のスクラップブック 栄冠ナイン日記/パワプロ2021、23年目‐秋春『九州地区制覇へ』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。